スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

JNS、おまえもか・・ 


 今日朝起きてメールチェックしていたら、2:15に『JNSからの大切なお知らせ』って
メールが来ていました。

 件名を見たときいやな予感がしたのですが、メールの本文を下に転載すると、


平成20年4月26日
各位

株式会社ジェイ・エヌ・エス
代表取締役社長 氏原直樹

証券取引等監視委員会による行政処分の勧告について

弊社では、平成20年1月8日を基準日として、証券取引等監視委員会より検査を受けておりましたところ、平成20年4月25日に弊社につき金融商品取引業者に係る法令違反等の事実があるとして、同委員会より内閣総理大臣及び金融庁長官に対して行政処分及びその他の適切な措置を講ずるよう勧告が行われました。

お客様には多大なご心配をお掛けいたし、誠に申し訳ございません。尚、お客様からお預かりしたご資産は安全に区分管理されておりますのでご安心ください。ご資産の返却をご希望のお客様は下記の通りお手続きいただきますようお願い申し上げます。

○FX-naviオンライントレードをご利用のお客様
・弊社ホームページ上の出金依頼フォームよりお手続き願います。


以上

早速何があったのかネットでチェックすると、

金融庁の登録を受ける際に実際は自己資本規制比率が100%未満だったにも
かかわらず、一般顧客口座を利用した架空売買を行って当該顧客口座に売買損
を発生させるとともに同額を当社の売買益として利益計上し自己資本比率をかさ上げ
して登録を受けた。

利益をあげていた複数の顧客のの脱税行為に加担。2001年から06年の間、客に損失
が出たように装いながら、海外居住者らの口座を勝手に使って一任勘定取引をした。
違法な一任勘定取引で、客7人の売買を計約2900万円扱った。同社は悪用した口座で
自社売買も行ったが、運用はすべて失敗。自社の損失を無関係の顧客15人以上の口座
に付け替えた。付け替え額は今年1月時点で約3億円。

など出るは出るは。SAXO BANKのシステムをいち早く取り入れたJNSがこんな企業だった
とは・・・。

それにしても、これだけ不祥事が続出すると、本当に金融庁は登録に際してどんな審査を
してたんでしょうかねぇ。金融庁の登録には何の意味もないって言われても仕方ないんじゃ
ないの?

スポンサーサイト

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[2008/04/26 17:47] 雑感 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fxdealingroom.blog71.fc2.com/tb.php/5235-e0bc0886









SEO対策:FX SEO対策:チャート SEO対策:システムトレード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。