スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

狭いスプレッドや手数料無料だけではない 


 皆さんはブローカーを選ぶとき、何を基準にしていますか?最近のように
ボラタイルな相場が続くと、また破産する業者が出るのでは?なんて疑心
暗鬼もあったりして、その企業の財務基盤を基準にしている方も多いと
思います。

 今日はそういうことは当然ということで置いておいて、他の基準を考えてみたい
と思います。

 企業の財務基盤や信託保全以外の基準と言えば、スプレッドや手数料をチェック
される人が多いのではないでしょうか。

 ただ、システムトレードする方なら、売買サインが出たら翌日の寄り付きで売買
するだとか、利食いや損切りの基準に達したらその日の終値でポジションを閉じる
なんてルールでディールすることも多いかと思います。

 そんな時に便利なのが、時間成り行きオプションという機能。これは成行注文を
現在以降に発注することが可能になるオプションです。成行注文を発注する時刻指定
もしくは、現在から何分後に発注するかの指定のいずれかを選択することが可能で、
例えば終値でポジションを閉じる必要がある場合でも、引け前にわざわざ起床する
必要もなくなります。

 システムトレーダーにとっては非常にありがたい機能なんじゃないでしょうか。
この機能を提供しているブローカーが

MJ100_60


FX100_60

スプレッドや手数料以外にこのような機能を基準にブローカーを選ぶのも
ありではないでしょうか・・・。
スポンサーサイト

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[2008/04/19 17:13] ブローカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fxdealingroom.blog71.fc2.com/tb.php/5199-38d9da91









SEO対策:FX SEO対策:チャート SEO対策:システムトレード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。