スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円・・週足篇 


 4/11 NY Close時点の週足を見るとドル円は、引き続きトレンドは下向きである
ものの、スイングが上向きに転換しており、方向が一致していません。

 しかし、一目均衡表上は、遅行線<同じ時間軸の週足、転換線<基準線、週足
<先行スパンと“三役逆転”の弱気サインを維持しており、トレンドの方向が下向き
であることも併せて考えると、ドルの軟調地合いに何ら変わりはなく、現在のドルの
動きは自律反発の域を出ないってことだと思われます。

 ただ、週足MACDオシレーターが引き続き上昇していることから、現状では103円
が非常に重たい印象があるものの、もう一段の反発は想定しておいたほうがいいかも
知れません。

 しかし、103円台を超えてきたとしても、少なくとも114.66⇒95.77の61.8%戻しの
水準である107.44を上回らない限り、中長期的なドル安地合いに変化はないでしょう。

 4月第3週の目標値は引き続きCOP=102.62、OP=98.91、XOP=92.91で変わらず、
この目標値は110.95を上回るかトレンド転換するまで有効。週足ベースのトレンド転換
&買いサイン点灯となるポイントは108.62。

ドル円週足20080411
ドル円週足MACD20080411
スポンサーサイト

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[2008/04/13 10:05] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fxdealingroom.blog71.fc2.com/tb.php/5158-8be429f0









SEO対策:FX SEO対策:チャート SEO対策:システムトレード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。