スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円・・週足篇 


 4/4 NY Close時点の週足を見るとドル円は、引き続きトレンドは下向きである
ものの、スイングが上向きに転換しており、方向が一致していません。

 一方、一目均衡表上は、遅行線<同じ時間軸の週足、転換線<基準線、週足
<先行スパンと“三役逆転”の弱気サインを維持しています。

 これらのことから判断すると、ドル円は週足ベースでは、依然として軟調地合い
にあり、リスクは下向きであるあると思われます。

 週足MACDが引き続き上昇していることから、もう少しドルが戻りを試す可能性
は排除しないものの、先週の高値である102.95は114.66⇒95.77の38.2%戻し
である102.99にも届かず、雇用統計の結果を受け101円台半ば付近で取引を
終えたことを考えると、102.95が戻り高値となった可能性も。NY Closeベース
で転換線すら上回れない状況では、やはりドルの上値は限定的と見るのが妥当
な判断だと思われます。

 4月第2週の目標値は引き続きCOP=102.62、OP=98.91、XOP=92.91で
変わらず、この目標値は110.95を上回るかトレンド転換するまで有効。週足ベース
のトレンド転換&買いサイン点灯となるポイントは108.62。

ドル円週足20080404
ドル円週足MACD20080404
スポンサーサイト

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[2008/04/06 10:11] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fxdealingroom.blog71.fc2.com/tb.php/5111-8d6ad5b4









SEO対策:FX SEO対策:チャート SEO対策:システムトレード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。