スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円・・日足篇 


 3/14 NY Close時点の日足を見るとドル円は、引き続きトレンド・スイング共に
下向きとなっています。

 一目均衡表上も、遅行線<同じ時間軸の日足、転換線<基準線、日足<先行
スパンと“三役逆転”の弱気サインを維持しています。

 日足ベースでも、チャートを見る限りにおいてはドル円の買いを正当化する根拠
は見当たらず、依然としてリスクは下向きであると判断せざるを得ない状況が続い
ています。

 ただ、今週末もピボットの21日指数移動平均線から3%以上下方に乖離して取引
を終了しており、突っ込み過ぎって感が無きにしも非ずで、反発する可能性は一応
念頭に置いておいたほうがいいかもしれません。その際反発の目安としては、ピボット
の5日指数移動平均や3月第2週のレンジの中間値あたりではないかと思われます。

  3月第週の目標値は、COP=100.48、OP=98.18、XOP=94.46で変わらず、この
目標値は106.32を上回るかトレンド転換するまで有効。日足ベースのトレンド転換&
買いサイン点灯となるポイントは108.62。

ドル円日足20080314
ドル円日足エルダー線20080314
スポンサーサイト

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[2008/03/16 11:48] テクニカル分析 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fxdealingroom.blog71.fc2.com/tb.php/5021-d8db5d46









SEO対策:FX SEO対策:チャート SEO対策:システムトレード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。