スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仏系ファンドの損失の噂で円買いも、後が続かず 

  High Low 17:00
USDJPY 116.50 115.53 116.11
EURUSD 1.3575 1.3554 1.3569
EURJPY 158.05 156.60 157.59

 本日の東京市場は、ドル円・クロス円の売りが先行する形で取引が
始まった。しかし、仲値設定にかけて輸入決済のドル買いが出たことを
きっかけに、ドル円・クロス円が強含み推移となった。ただ、上値も重く、
フランス系のヘッジファンドがサブプライム問題で損失を出す可能性が
あるとの噂が流れると、再びドル円・クロス円は弱含みとなった。

 ドル円は116.50から115.80まで下落した後116.43付近まで値を戻し
たものの、サブプライム問題に絡んでフランス系ファンドが損失を出す
との噂が流れたことから午前の安値を下抜け、115.53まで下落した。
ただ、下値では押し目買い意欲も強い模様で、116円台を回復して
取引を終了した。
 ユーロ円も、158.05から156.98まで下落した後、ドル円の反発に
連れ高となり158円台を回復した。しかし、フランス系ファンドに関する
噂が流れると、売りが優勢となり156.60まで下落した。しかし、下値での
買い意欲も強く157円台半ばまですぐさま値を戻した。
 ユーロドルは、蚊帳の外状態で、1.3554から1.3575という狭いレンジ内
での小動きに終始した。

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ

   

あなたにぴったりのトレーディング方法がきっと見つかる

あるじゃんnet!
様々な商品・サービスが比較でき、一括で資料請求ができたり、
各社へのリンクからオンライン申込みができるサイトです。



スポンサーサイト

人気blogランキング←ポチッと投票お願いしますm(_ _"m)ペコリ
外為ディーラーの毒吐き日記トップへ



[2007/08/24 17:48] 市況 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fxdealingroom.blog71.fc2.com/tb.php/4149-7938b43b









SEO対策:FX SEO対策:チャート SEO対策:システムトレード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。